読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北のシュガポン

砂糖ジャンキーな北大生が発信。毎日21時更新予定。

演劇部の裏事情①~縦の繋がり~

f:id:karakusa456:20170517195009j:plain

シュガポンです。

 

私、高校時代に演劇部に所属しておりました。

入部する前は、「演劇部ってどんなことするんだろ~」「でも何となく楽しいんだろうな~」くらいに考えてました。

しかし、演劇部にはまだ見ぬ世界が広がっていたのです・・・。

 

 

入部してまず叩き込まれたのが上下関係。

まあ、運動系の部活とか吹奏楽部なんかだと当たり前のことでしょうが・・・まさか演劇部でそんなに強く求められるとは当時思ってもいませんでした。

が、まあ入部したてで何も知らなかったので笑、素直に従う私。

 

具体的には、一年生は部活に来たらまず窓のブラインドを下げる。そして、基礎練(発声など)の道具を出し、メトロノームのねじを巻き、ラジカセを用意する。

基礎練の指示は二年生が出すことになっています。こういった雑用は、一年生のころから基礎練の準備を経験させるという意味もあったんでしょうね。

 

また、先生やOBOGの方が来たら速攻で椅子を用意する。いつも椅子の早出し戦争になります。何故か先輩方と。

・・・何故か先輩も躍起になって椅子を出そうとするので、部室のドアが開くたびに謎の戦慄が走ります。「先生か?それともOBOGさんか!?」みたいな笑。はたから見るとちょっと怖い。

f:id:karakusa456:20170517195029j:plain

↑椅子を取りに行く図(嘘)。

 

また、OBOGの方が来たらまず自己紹介から始まります。一列に並び、一人ずつ名前と役職を言っていく。ちょっとした軍隊みたい。

 

厳しい上下関係とは裏腹に、先輩は「○○先輩」ではなく、「○○さん」と呼ぶ。しかも○○の部分は下の名前かあだ名。

まあ、一緒に劇をやる以上、先輩呼びだと他人行儀すぎるというのが理由でしょう。実際、先輩との仲はかなり良かったと思います。

・・・思い出の半分以上は怒られた記憶ですが笑。

 

また、OBOGの方の訪問が多かったのも覚えています。

ひと月に一人は来る印象。特に公演をするときは誰かしら来てくれました。これは素直にうれしかったですね。

たまに、何年も前に卒業した方も来たりして、正直「誰」?ってなったこともありました。

 

でも、今思うとそれって結構すごいことだと思います。

だって、直接知らない世代の部活に行こうなんて中々思いませんよね。そういう意味では、縦の繋がりが非常に強い。そんな部活だったと思います。

 

そして今では私がOB。

大学1年生の時は結構頻繁に公演を見に行ってました。公演と日程が合わないときはリハーサルを見に行ったり。

昨年は見事全道大会に出場したので、旭川まで劇を見に行った思い出もあります笑。

・・・こうしてみると、見事に演劇部のコネクションに組み込まれてますね。スバラシイ。

 

演劇部はちょっと不思議な世界です。

 

 

f:id:karakusa456:20170422091823j:plain<今日のまとめ

・演劇部に所属してました

・縦の繋がりがめちゃめちゃ強い

・僕も今ではいちOBとして支えて?います

 

以上、シュガポンでした。

次回は横のつながり編。

広告を非表示にする