読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北のシュガポン

砂糖ジャンキーな北大生が発信。毎日21時更新予定。

インターンシップって何?大学生にとってのインターンシップ

f:id:karakusa456:20170516204334j:plain

シュガポンです。

 

皆さんはインターンシップというものをご存知ですか?

「聞いたことはあるけど詳しくは知らない」という人もいるでしょう。

 

今回は、インターンシップとは何か、アルバイトとどう違うのか、そしてインターンシップの意義や目的について、大学生目線から見ていきます。…

 

 

 

 

インターンシップの概要

f:id:karakusa456:20170516204356p:plain

インターンシップとは何か

まず、インターンシップとは何かについて説明します。

インターンシップとは、大まかには「学生が在学中に企業・団体において就業体験をすること」と定義されています。期間は1日~長くて1ヵ月。それ以上の期間にわたって行うこともあります。大体は2週間程度だと思いますが。

大学生だと、夏休みを利用してインターンシップに行く人がほとんどではないでしょうか。自らの専攻に関わった分野に行く人もいれば、単に就業体験がしたくて行く人もいます。

 

 

インターンシップの募集

インターンシップの募集は、大きく分けて「大学募集型」「公募型」の2種類があります。大学募集型は大学を通じての、公募型は個人での申し込みになります。

公募型でも、民間企業に申し込むか、官公庁に申し込むかで手続きが多少変わってくるようです。

大学募集型は、その大学に来てほしいという企業が集まる他、地域の企業・団体から来ることも多い様子。北海道なんかも地域企業や団体が多いので、そこからのオファーがくるらしいです。

 

 

アルバイトとの違い

アルバイトとの一番の違い。それは、「何を目的とするか」です。

アルバイトの場合は、まあ社会勉強というのもあるでしょうが、主となる目的は賃金を得ることです。ですから、形態も一従業員としての「雇用」です。

一方インターンシップは就業体験を通じた学習意欲の向上・専門性の習得などを目的としています。

形態も実際に雇われるわけではなく、一定期間のみ業務を体験させてもらう、というだけです。給料が出るところもあれば、そうでないところもあります。

 

ですから、この2つを一緒くたにして語ることはできません。あくまで「就業体験」ということですね。

 

 

インターンシップの意義(目的)

f:id:karakusa456:20170516204345j:plain

企業にとって

企業にとって、インターンシップは何のメリットがあるのでしょう?

社会貢献、というのはあくまで建前で、本当のところは就活の一環として捉えている企業が多いのではないでしょうか。良さそうな人材を見繕うという意味で。

僕はリクルーターでも何でもないので笑、邪推に過ぎませんが。

 

下記のサイトに、様々な企業側のメリットが掲載されています。↓

知っておきたい インターンシップを実施する企業のメリット 参加する学生のメリット

インターンシップってそもそも何?~企業側の“本音”を暴く!~ | COLORSレポート

 

企業によっても違うと思いますが、社会貢献、会社のPR、新規採用の下見などが主だった理由でしょうか。

 

 

大学生にとって

で、本題はこっち。何故大学生はインターンシップに行くのか?

もちろん様々な理由があると思います。ですが、根本的な理由は1つでしょう。それは、「将来に対する不安を拭いたいから」ということ。

 

大学生はその時間のほとんどを学内で過ごします。アルバイトやサークル活動などで外部と関わることもあるでしょうが、社会と深く関わる機会は少ないと思います。

そんな中、「将来こんなんで大丈夫なんだろうか・・・?」と、ふと思う。大学で学んでいることが実際に社会で通用するのか、アルバイトやサークルの経験は本当に社会で役に立つのか。そう感じるのも無理はないでしょう。

僕も様々な不安を抱えています。特に、今の学びがどう社会で役立つのか。これは学習のモチベーションにもつながる部分ですから、大変重要です。

 

だからインターンシップに行く。

実際に企業で働くことを通じて、実社会では何が行われているのか。また、自分の専攻分野はどのような業務活動につながってくるのか。そして、大学生には何が求められているのか。これを知ること。ここに尽きると僕は思います。

 

もちろん、他の理由も大いにあるでしょう。特に大学3年生の場合は、自分が狙っている企業にインターンシップ生として行くことで内定のきっかけを作りたいという人が多いと思います。

僕の周りでは、自分の将来関わりたい業界を知りたいから参加したという人や、あんまりインターンシップの必要性は分からないけど、とにかく行ってみる!という人もいました。

ですが、一番の理由は「社会を知り、不安を取り除きたい」インターンシップは非常に有用な機会でしょう。

 

 

いかがでしたか?

今までインターンシップを知らなかった方、また興味がなかった方、一度は調べてみるのも将来の役に立つのではないでしょうか。

大学で説明会が開かれる他、ネットにもたくさん情報はありますので、色々探してみると良いでしょう。

 

 

f:id:karakusa456:20170422091823j:plain<今日のまとめ

インターンシップ=就業体験

・アルバイトとは色々違うよ

・社会に出る機会の1つです

 

以上、シュガポンでした。

僕も多分今年行ってきます。