読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北のシュガポン

砂糖ジャンキーな北大生が発信。毎日21時更新予定。

カスタードプリン作ってみた&反省会

今日は用事もなかったので、カスタードプリンを作成いたしました。意外と材料が少なく、簡単に作れるんですね。

写真を載せつつ、作り方を解説しつつ、感想を述べていきたいと思います。…

 

 

作成工程

まずは、カラメルを作ります。水少量とグラニュー糖を鍋に入れて加熱。するとこんな感じに。

f:id:karakusa456:20170416194806j:plain

 

ここからどんどん変色していきます。少し経ったのがこちら。

f:id:karakusa456:20170416194848j:plain

色づいてますね。こうなったら火力を落として焦がさないように。

 

そしてこうなります。

f:id:karakusa456:20170416194924j:plain

見事なカラメル色。

ここにお湯を注ぎます。めっちゃ跳ねるのでやけど注意。

そして、容器にカラメルを注いで、次はプリンの作成。

 

材料はこんな感じ。↓

  • 卵黄
  • 牛乳
  • ラニュー糖

かなりシンプルな感じで。

 

で、牛乳は鍋に入れて少量のグラニュー糖と一緒に加熱して沸騰寸前まで温める。

卵・卵黄・グラニュー糖はボウルに入れて混ぜ混ぜ。

そこに牛乳を、ダマにならないように少しずつ入れて混ぜまして、濾し器で濾して、先ほどの容器に入れます。この辺は慣れたもの。

 

で、ここからがちょっと面倒。

オーブンを170℃に余熱しておき、その間にパッドを用意します。

そのパッドにお湯を張り、そこに容器を入れます。大体容器が半分つかるくらいのお湯。

f:id:karakusa456:20170416195535j:plain

これはお湯を注ぐ前。パッドがなかったので耐熱性の食器で代用。

キッチンペーパーは滑り止め用・・・らしいのですが、ぶっちゃけ要らないかも。

 

で、余熱が終わったらオーブンに入れて25分焼きます。湯煎焼きっていうらしいです。水蒸気で蒸す感じですね。

f:id:karakusa456:20170416195725j:plain

焼かれるプリン。

ちなみに、水がどんどん蒸発していくので取り出すときには大分水かさが減ってます。

 

で、25分焼いたら取り出さないで、10分くらい余熱で焼く。

それからオーブンから取り出して、粗熱をとってから冷蔵庫にIN。

f:id:karakusa456:20170416195923j:plain

取り出した直後のプリン。ちょっと表面が汚いですが、まあご愛敬。

 

で、冷蔵庫で冷やすこと3時間。

f:id:karakusa456:20170416200007j:plain

ついに完成。まあほとんどの時間は待ち時間でしたが笑。

 

中はこんな感じ。

f:id:karakusa456:20170416200042j:plain

カラメルもいい感じです。うまい。

シンプルな材料ですが、作り方がちゃんとしていればなめらかなプリンに仕上がってくれます。

 

 

反省会

カラメルが、火からおろした瞬間にすごい勢いで固まりました。ガッチガチ。そのせいで、容器にきっちり等分出来なかったのが残念です。カラメルを扱うときは、スピード意識で。

牛乳を加えて混ぜるときに、あんまりガチャガチャ混ぜすぎると泡立ってしまって、焼く前に泡を取り除かないといけなくなります。

少しずつ加えればちゃんと混ざってくれるので、泡立たせすぎないように気を付けましょう。まあ、濾し器で濾すのでそんなに気にしなくてもいいかも知れませんが。

あと、パッド用意しとけって話ですよ笑。食器がオーブンに入り切ったので良かったようなものの。道具の準備は大事。

 

というわけで、今週はここまで!

次は何を作ろう・・・。

広告を非表示にする